年末年始のお酒と山田錦BIG3

年末年始は自宅で、神亀の冷おろしを一升瓶から4合瓶2本に分けて移し
(残りの2合はそのまま飲んでしまった)1本は冷蔵庫に、もう1本は常温で
保管して、交互にその違いを楽しみつついただいた。
こうするとワインのデキャンティングのように日本酒も目覚めて
変化しつつ、ますます美味しくなっていく。
特に常温保管したものはお米の風味、旨味がより強く感じられた。
お燗や燗冷ましも試したかったけど、試そうと思う頃にはもう無くなっていた・・・。
で、ついに自宅の日本酒のストックも無くなってしまったので
おなじみの池田屋酒店よりお取り寄せ。
f:id:sukemaro:20080107204725j:image:w350
・鷹勇 純米吟醸山田錦
・神亀 小鳥のさえずり
・日置桜 八割搗き山田錦純米酒
名づけて山田錦BIG3。
鷹勇は山田錦50%精白の純米吟醸を、坂本杜氏に特別オーダーした
池田屋酒店さんのオリジナルらしい。
特に楽しみなのは「小鳥のさえずり」。
無農薬の堆肥のみ使った田んぼで育てられた山田錦のこれまた
50%精白の純米吟醸を二年以上熟成させて出荷する
神亀酒造の集大成とも言われる酒。神亀酒造の小川原専務曰く
「口に含んで余韻が長いのが特徴、これからどこでご飯を食べようかな、と
小鳥が楽しげに動き出す雰囲気を想像してもらえれば」
となんとも楽しくなるようなことをおっしゃっている。
日置桜も同じく無農薬の山田錦をこれは80%精白して醸す純米酒。
どれからどう試そうか迷うなぁ、肴も含めて戦略が必要ですね。

闘う純米酒 神亀ひこ孫物語

闘う純米酒 神亀ひこ孫物語


純米酒を極める (光文社新書)

純米酒を極める (光文社新書)