1976年のアントニオ猪木

年末年始休暇中に読んだ本の中で一番面白かった。

私たちは今なお、1976年にアントニオ猪木が作り出した世界観の中に
住んでいるのだ。

1976年、僕はまだ幼かったためプロレスには目覚めていない。
祖父が良くプロレスを見ていたので、デストロイヤーや馬場、ポケットバイクに
乗って入場してくるマクガイヤー・ブラザースといったキャラ的に特異なレスラーのみ
変身モノのヒーローや怪人と同じ視点で面白がっていたに過ぎない。
猪木に関しては「みんな集まれキーパッパ」(CXが日曜朝にやってた子供番組
当時CXは”母と子のフジテレビ”ということで子供向け番組をたくさん制作してた)
に出てくるアントン体操の”アントンさん”でしかなかった。
しかしその年、アントニオ猪木ウィリエム・ルスカモハメド・アリ、パク・ソンナン
アクラム・ペールワンとその後の格闘界を方向付ける革新的な試合をしていた。
その内いくつかは、第三者視点では分からないが、しかしその実は壮絶な
セメント・マッチ(格闘技界用語で真剣勝負のこと)。
今でこそUFCやPRIDEなど、総合格闘技としてルールも戦術も確立された
リアルファイトは珍しくないが、猪木の戦ったそれはそれらが無い中
プロレスとしては、最初で最後のもの(UWFやリングスは実はフェイクだからね)。
それら4つの試合に猪木と各々対戦した選手が運命的に至る経緯や
その周囲の内幕と裏側が克明にレポートされている。
僕は、自分自身がこれほどまでにプロレス、それも昭和後期のプロレス
つまり猪木がメインだったプロレスに、ハマった理由が分からず
都度模索、自問自答していたが、その答えが本書の中に明快に示されていた。

どちらが正義の味方でどちらが悪者か。何が一流で何が二流か。そんなものは
見方によって変わる。(中略) 重要なことはイデオロギーでもブランド趣味でも
真実であることでもなく、ただ快楽的であることなのだ。

この”快楽的”という価値観は、我が人生において何にも勝り全てにおいて
優先させているような気がする、対人関係、私生活、趣味、仕事においても。
青春期〜現在に至るまで昭和後期のプロレスほど快楽的なものは無かったのだと思う。
そんな自分自身への邂逅すらした一冊。

1976年のアントニオ猪木

1976年のアントニオ猪木