ほかけ(銀座)

移転後の「ほかけ」へ、常連の叔父と。
f:id:sukemaro:20080421201358j:image:w350
以前の店を閉める直前に伺った時、親方が「このまま辞めるかも」と言っていたので
再開してくれて本当に良かった。看板は以前の趣あった店のものだ。
f:id:sukemaro:20080421190546j:image:w350
この日はとにかく貝類がすばらしかった。
まずは炙った平貝を肴にお酒を。
炙ったのなんて初めて食べたけど、平貝の旨味に
香ばしさが加わって、いやなんとも美味しい。
f:id:sukemaro:20080421192127j:image:w350
この輝き、まさに宝石のような赤貝
鼻から抜ける香りと歯ごたえがすばらしい。
f:id:sukemaro:20080421193341j:image:w350
このミル貝が特にすばらしかった。
今まで食べたミル貝の中では間違いなくNo.1。
いやこれまで食べた握りの中でも、最高ランク。まさに感動深い握り。
f:id:sukemaro:20080421192354j:image:w350
ここで蒸しアワビは外せない。
旨味といい弾力といい香りといいシャリとの相性といい最高です。
なんていうか、ほかけの鮨はとっても”具合がいい”と思う。
強烈な個性というより”具合”。一流店なのになんかほっとできる。
この具合の良さというのは、きっと一番高度で難易度の高いことなんじゃないかと思う。
f:id:sukemaro:20080421230559j:image:w350
またまたバラちらしをお土産に作ってもらった。
ほかけのバラちらしは悶絶する美味しさ。
最後の晩餐に何を食べると言われたら、僕はマジでほかけのバラちらしにする。
f:id:sukemaro:20080421203404j:image:w350
帰りに「ロックフィッシュ」で最高のハイボールを。幸せです。
最近いつにも増して美味しいもの飲み食い頻度が上がっているような、まいっか、誕生月だし。