すし喜邑(二子玉川)

喜邑の親方が、さも何でもない普通のネタにように
さりげなく握って出してくれた、小柴のシャコ。
かつては江戸前鮨の代名詞だったけど、今や幻のネタとなりつつある。
f:id:sukemaro:20080517203846j:image:w350
「小柴の・・・」と聞くと、教えてくれたが
ここ数年間、資源保護のために禁漁になっていたけど、今年1日だけ
解禁されたらしい。
しかし、まったく穫れなかったため、1日だけでまた禁漁になってしまったとか。
築地に入ったので、思わず仕入れてしまったとのこと。
僕が小さい頃は、家が羽田から近いこともあってシャコは良く
近所の魚屋に並んでいた。それこそ今はもう滅多にお目にかかれない
シャコの爪を、祖父や父、叔父が肴に飲んでいたのを憶えている。
海老とも蟹とも違う、この旨味、甘味。
もう味わえなくなっちゃうのかなぁ。
f:id:sukemaro:20080517210012j:image:w350
と言いつつ、美味しいお鮨を次々に出されると、そんな憂いも一瞬だったりして。
アジも脂がのって美味しい季節になってきた。
ちょっと前にはアワビのすごいマタ(房総でとれる最高品質のアワビのことね)
が築地に入って、採算度外視で思わず仕入れてしまったらしい。
殻を見せてもらったけどスゴい大きさだった。
食べたかったなぁ。