神田連雀町アウティング

神田須田町界隈は以前は「連雀町」という地名だったらしい。
連雀(商人が荷物を担ぐ道具)を作る職人がこの界隈に多く住んでいたから
というのがその由来だけど、昭和の初めにその名は無くなってしまったらしい。
昔の東京の地名って、趣のある名前が多い。
知っているだけでも、六本木、西麻布の霞町、笄町、竜土町とか、復活しないかな。
また、この旧連雀町は東京大空襲時に戦火から免れて、昔ながらの古い建物が
多く残っている。散歩に良い季節なので、この界隈をノンビリとアウティング
f:id:sukemaro:20080607131532j:image:w350
まずは「まつや」で、おろした山芋に本山葵を添えたわさびいもや
焼鳥などをツマミつつ蕎麦味噌を舐めながら日本酒を。
f:id:sukemaro:20080607134252j:image:w350
シメはもちろんせいろで。
しかしこの店、外観の純日本っぽさとは対照的に
店内は意外に外国人比率が高い。どうも観光ルートになっているらしい。
近くの外国人観光客が何を注文するかチェックしてたら
席に着くやいなや、焼き海苔と日本酒を注文していた。オヌシなかなかやるな。
f:id:sukemaro:20080607141319j:image:w350
次に、「竹むら」へ。このルートは恥ずかしい位にこの界隈の王道。
実際、「まつや」で隣に座っていたグループが同じようにこの店に流れていた。
f:id:sukemaro:20080607140101j:image:w350
粟ぜんざいと揚げまんじゅうを。
揚げまんじゅうは揚げたてで胡麻油が香ばしくて美味しい。
粟ぜんざいはしっかりした甘さで付け合せの紫蘇の実の塩漬けが
なんとも合うんだよねぇ。
f:id:sukemaro:20080607160723j:image:w270
駿河台の明大の博物館でやっていた
「モノクロ時代の明治大学―昭和30年代キャンパス―」展などを冷やかし
神保町まで散歩して「ミロンガ・ヌォーバ」でコーヒーを。
街も店も味も展示も、昔ながらの東京を感じることができる
なんともノンビリした1日だった。
この昔ながらの佇まいを残した旧連雀町も、神田川を渡るとすぐそこは
別世界、別次元とも感じられる秋葉原。
そして、このアウティングの翌日、あのショッキングな事件が起こった。
あの時間、あの場所ののどかさと、そこから極めて近い時空で起きた
事件の凄惨さがどうしても結びつかない。でも現実なんだよな。