蕎麦たじま 〜 バー・ラ・ユロット

テレ朝通りを中国大使館を越えて有栖川公園近くまで歩いたところに
ひっそりと佇む「蕎麦 たじま」へ。
f:id:sukemaro:20080722191513j:image:w350
とうもろこしの冷製茶碗蒸し、水茄子のぬた、モロヘイヤのポン酢和えなど
旬の夏野菜を使った肴。
この店は野菜料理が名物で評判が良いけど、評判どおりのクオリティ。
とうもろこしの自然の甘みがなんとも美味しい。
f:id:sukemaro:20080722194632j:image:w350
これまた旬の夏野菜の天麩羅をつまみつつ
キリっと冷えた鷹勇の純吟などを。
f:id:sukemaro:20080722203630j:image:w350
蕎麦は十割にこだわっている。
かけもお代わりしたけど、やっぱりモリが美味しいね。
香りとのど越しがたまらん。
f:id:sukemaro:20080722221412j:image:w250
その後、中国大使館横の麻布十番方面に抜ける坂を下って
元麻布の住宅街にあるBAR「ラ・ユロット」でサッパリとモヒートなどを。
このBARはとっても雰囲気がイイぞ。
まるでヨーロッパの古い酒蔵で飲んでいるような錯覚を受ける。
店主の川瀬さんの接客もとても和めて気持ちが良い。
十番ってBAR不毛の地だと思っていたけど
いやいや素晴らしい店があるじゃないか。