鮨真(西麻布)

久しく鮨を食べていないなぁと思ったら、いてもたってもいられなくなり
昼の「鮨真」へ。
f:id:sukemaro:20080726123502j:image:w350
甘鯛の昆布締め。甘鯛の握りって珍しいね。
どちらかというと焼き物の高級魚というイメージがある。
きちんと仕事がされるとこんなに美味しいんだ。
f:id:sukemaro:20080726123840j:image:w350
赤貝の握りなども。
鮪赤味と中トロと背の部分の三連発とか、二種のウニを盛った軍艦とかも
握ってもらってテンション上がったけど、やっぱり鮨は貝と光り物が好きだなぁ。
貝の旨みと香りは一番海を連想させるし、仕事がされた光り物はなんていうか
幾多の鮨職人先人達の生き様を感じる。これぞ日本の食文化。
今回は肴と握りをおまかせでお願いしたので結構いったけど
(と言っても昼なのでめちゃくちゃお得だけど)、品書きを見ると
昼のお決まりに3000円台のものができていた。
10貫で、ネタが鮪とかウニとかがなくなり光り物が多くなるらしい。
これは僕にとっては朗報だ。週一で通うかも。