北京

オリンピック盛り上がっていますねぇ。
今、最もアツい「北京」にやって参りました。
f:id:sukemaro:20080809134153j:image:w350
すでにご察しかと存じますが、川崎市宮前区の中華「北京」であります。
所詮街場の中華と侮るなかれ、この店は某国営放送の「食彩浪漫」や
某お笑い番組の「新・食わず嫌い王決定戦」のお土産など、メジャーメディアに
取り上げられること多数の街場の名店であります。
f:id:sukemaro:20080809132638j:image:w350
秀逸なのはタンタンメンと餃子。
特にタンタンメンは、芝麻醤や花椒の入った四川料理のいわゆる”担担麺”とは
一線を画す、ザーサイとニンニクとネギと唐辛子がタップリ入って
とろみのかかった独自のものであります。
すごくアツいけど美味しいのでつい頬張ってしまい、口腔内を大ヤケドして
しまうという、リスキーかつクセになる逸品です。
この日この店の常連である、ルー○柴氏もカウンターでタンタンメンを
やぶからスティックにトゥギャザーされておりました。