真菜板(高田馬場)

早稲田で研修中の某氏と地酒の名店「真菜板」へ。
f:id:sukemaro:20080826194102j:image:w350
島根の「十旭日(じゅうじあさひ)」を飲りつつ
八丁味噌のビーフシチューを。
f:id:sukemaro:20080826203106j:image:w350
香川の「悦凱陣(よろこびがいじん)」を飲りつつ
千寿葱とアンディーヴのゴルゴンゾーラチーズ焼を。
これら日本酒とは一見ミスマッチな料理が、ご主人によって選ばれて
供される地酒に絶妙にマッチするのがとても不思議です。
この店、駅からのアクセスがとても悪く、この日もスコール状態の雨が
降っていたため、行く途中何度もくじけそうになりましたが
帰り道は極上の酔い心地で、とても足取り軽やかになります。
ついテンション上がって、道中にある「さっぽろ純連」や「ラーメン二郎」に
寄ってしまうと、完全にカロリーオーバーになるので注意が必要。