バンコク#2

バンコクに来たら、私としてはここは外せない。
ムエタイの殿堂「ルンピニー・スタジアム」。
f:id:sukemaro:20080927215156j:image:w430
簡単に説明しますと、ムエタイはここ「ルンピニー・スタジアム」と
「ラーチャダムヌーン・スタジアム」の2大聖地があります。
陸軍が運営し、荒々しく激しい戦いを売りにする「ルンピニー」と
王室に由来し、伝統と格式を誇る「ラーチャダムヌーン」。
かつての新日と全日と考えるとイメージしやすい。
f:id:sukemaro:20080927214234j:image:w430
外観は歴史を感じさせる立派な建物だけど、中はトタン屋根で空調も無く
いくつも扇風機がブンブン回り、心身ともに熱気がビンビン伝わってきます。
観客もかなりアツく、後ろに居た地元客はつかみ合いのケンカを始めてました。
まぁきっと賭けているからなんだろうけど。
f:id:sukemaro:20080927203826j:image:w430
前座では10代前半位の少年達が戦います。彼らにとっては、ここでの戦いに
勝ち残って行くことが、唯一下層から抜け出せる手段なので
マジでまばたきもできないほどの激闘。
こんなにハングリーで闘争心むき出しの闘いは、長い格闘技観戦歴でも
初めてかもしれない。
f:id:sukemaro:20080927212821j:image:w300
勝者にはムエタイの伝統衣装の飾りの一部が掛けられて退場して行きます。
ほら、この眼光の鋭さ、まだ目がイっちゃってるよね。
デジカメ向けた時、殺気を感じてちょっと怖かった。
f:id:sukemaro:20080927215025j:image:w430
これがルンピニーの現役チャンピオン達。
こんな環境の中で勝ち残って行くんだから、そりゃ強いわけだ。
魔裟斗やアルバート・クラウスはじめ世界のキックボクサー達が
ブアカーオになかなか勝てないのも当然という感じ。