男が料理をするに最適の2冊

Namikaze氏とか湘南ヘブン氏とか、最近私の周りでは凝った自炊をする方々が
増えているのですが、最近読んだ本の中から、そんな貴兄に最適の2冊をご紹介。
いずれも昭和30年代、40年代に発刊されたもの。

檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)

檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)


「火宅の人」の檀一雄の名著。
これまで読んだ料理レシピ本っていまいちピンと来るものが無かったけど
これには刺さった。特に気に入った点が
・分量は大雑把を良しとしている。
(それでいて手抜きしてはいけない重要な部分は詳細に描写されている)
・無い物は無いで済ますことを良しとしている。
(それでいて有るものは一切無駄にしないことを重視している)
・自分で食べ歩いた世界中の料理をカバーしている。
(特に酒肴、内臓系など好みのものが多い)
といったところ。
檀一雄氏は出奔した母親に代わり、小学生の頃からカマドひとつの
台所で家族の料理を試行錯誤しながら作ってきた経験がおありになり
まさにそのノウハウが凝縮されている。
きっとこんなに料理ができたからモテたんだろうね。
魯山人の料理王国

魯山人の料理王国


北大路魯山人の料理書物の集大成。
ともすれば、エネルギーを得るためだけになりがちな
男の独り料理&独りメシに対し
食は最高の文化であり、その文化たる食を楽しむにはどういう
心構えと知識が必要かということを
魯山人が強い愛情と情熱を持って、厳しく温かくじっくりと説いてくれる。
基本的に私は読み終えた本は売っぱらってしまうのだけど
内容といい、装丁の立派さといい、魯山人自ら筆をとった題字といい
生涯手元に置いて宝にしたいとすら思わせる。
檀流クッキング」で行動面を学び、「魯山人の料理王国」で精神面を学ぶ
という感じで十分じゃないだろうか。
檀流クッキングはレシピを実演しているサイトを発見。
檀流クッキング完全再現
やはりかなりの人に影響を与えているらしい。