豚の味珍(横浜)

横浜たぬき小路の「豚の味珍(まいちん)」。
f:id:sukemaro:20090829194945j:image:W400
ちょうど店から出てきたイイ感じで酔っ払ったおじさんから
「この店は1956年からやってて、ここの豚足はそこらのものと全然違う云々・・・」と解説をいただきました。
f:id:sukemaro:20090829184403j:image:W400
頭の肉。脂と肉の旨味が凝縮されているね。
f:id:sukemaro:20090829184611j:image:W400
最も気に入った尾の肉。このテリとプルプル感、口内でホロっと崩れます。
お酢にカラシを溶かしてラー油とニンニクをちょっと加えたタレをつけるとこれまた絶品。
f:id:sukemaro:20090829185809j:image:W300
焼酎は「ヤカン」と呼ばれ、魔法のランプのような器から注がれる。
好みで梅シロップを入れます。これは酒飲みを極めると行きつくという立石の某店などでも有名な「梅割」だね。
f:id:sukemaro:20090829192011j:image:W400
胃や足なども。
こんな近場にこんなにハイクオリティで安価な豚の部位を食べられるところがあるとは思いませんでした。
これなら韓国とか台湾に行く必要なんかまったくないね。
なによりこの店には潔いまでに研ぎ澄まされたある種の美学が感じられます。すごく気に入りました。