サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ(虎ノ門)

武骨で伝統的なしっかりとしたフレンチを欲して、久々に”オヤジのフレンチ”こと虎ノ門の「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」へ、ガチなリヨン地方の料理を食べに。
f:id:sukemaro:20090923194023j:image:W400
キャロットラペに鶏のレバーやら砂肝やら炙られたベーコンがゴロゴロ入った「サラディエ・リヨネ」。
マリネされたニシンがまたいい感じ。
f:id:sukemaro:20090923201228j:image:W400
これは外せない「自家製アンドゥイエット」。あえて自家製とうたうのはシェフ曰く

こういう仕事は手間がかかる。だからあまりやらない。だから(ちゃんと)できる人がいない。フランスでもシャルキュティエ(食肉加工品専門の職人)の分野であるから、キュイジニエはやらないんですが、日本にそういう職業はないから、自分でやるしかないんですね。

とのこと。豚の内臓系の濃厚な旨味と風味が凝縮されています。
このクニュクニュした食感がたまらん坂(by忌野清志郎)。
f:id:sukemaro:20090923205621j:image:W400
ウナギのマトロートは赤ワインベースのソースが川魚の特有のクセに良くあうね。
もうこのあたりで十分に満足なんですが・・・
f:id:sukemaro:20090923211955j:image:W400
トドメの一撃「詰め物をしたホロホロ鳥のロースト キノコとフォワ・グラのソース」。
デザートにラム酒タップリのレーズンに濃厚なバニラアイスの乗ったサバランなどを。
ここの料理は期待値に対して200%位の満足度をくれるね。堪能致しました。
隣が合コンテーブルだったけど、一口二口だけ食べて皿を回すんじゃここの料理の真髄は分からないと思うよ。
創作系フレンチか大衆系イタリアンに行きなさい(って合コンテーブルの女子達がなかなかきれいだったので憤ってます)。