駒形どぜう(浅草)

湘南ヘブン氏の誘いで浅草の「駒形どぜう」へ。
「老舗の有名店は行くと大抵ガッカリする」の経験則から敬遠してました。
これ以上無いくらいの老舗の有名店だもんねぇ。
どじょうの鍋がそんなに幸福感を満たしてくれるものともあまり思えず。
f:id:sukemaro:20091008162018j:image:W400
しかし、湘南ヘブン氏曰く
「ここは素晴らしい、日本人として行かないとダメだ」
とのこと。さて、どうなんでしょう。
f:id:sukemaro:20091008162437j:image:W400
風情ある店構えから一歩店内に入ると、外観以上に風情のある座敷が広がります。
こりゃちょいとテンション上がったぞ。
f:id:sukemaro:20091008162613j:image:W400
どぜう鍋に合う酒ということで厳選された「ふり袖」の生原酒たれ口を。
まろみのあるしっかりと美味しい酒です。
にわかに期待値がジワジワと高まっていると、、、
f:id:sukemaro:20091008164721j:image:W300
いやぁまずこの佇まいにやられました。
別盛りのネギやゴボウを好きずきに盛って、割り下をちょいちょいと注しながらいただきます。
何にも代え難い甘味、苦味、滋味。山椒をパラパラと振りかけるとまた良い風味。
これはまさに鍋、酒、雰囲気が渾然一体となった様式美です。
すばらしい店です。定期的に通いたい。
f:id:sukemaro:20091008201812j:image:W400
あまりに気分を良くしてこの後、雷門近くの「大枡」で地酒飲んで、「鈴芳」で白ホッピーでモツ煮をつまみ、浅草満喫モードへ。
f:id:sukemaro:20091008210726j:image:W400
さらにその後、駅近くのどこかの寿司屋に入って、またその近くの博多ラーメン屋にも行ったような・・・
もう止まらない暴走モードへ。
f:id:sukemaro:20091008174756j:image:W300
でもちゃんと無事に帰れました。
きっと観音様が酔っ払いオヤジ二人をあたたかく見守ってくれていたのでしょう。