星条旗通り

今となっては、ほぼ毎日歩いている通りではありますが
f:id:sukemaro:20091209221903j:image:W400
ここ星条旗通りは、いつも朝まで盛り上がってたレゲエクラブのはしり「ピジョン」やHiramatsuのディフュージョン店で「東京いい店やれる店」にも載った「ラ・フェット」などがあった、若かりし頃から思い出深い通りであります。
「AYTC会館」なんていうどっからみても普通のマンションにしか見えないラ○ホテルもあったなぁ。
f:id:sukemaro:20091209221555j:image:W400
そういつもこの辺りにYESMAN氏のコンパーチブルとかITAZ氏のインテグラなんかと連ねて車停めて繰り出してたっけ。
今となっては信じられないけど、バブル全盛期は、六本木交差点を中心に六本木通りは溜池交差点から西麻布交差点まで、外苑東通りは乃木坂から飯倉まで、片側一車線は違法駐車車両で埋まってたんだよね。でも星条旗通りは意外な穴場でいつも空いてた。
f:id:sukemaro:20091209222059j:image:W400
しかし、今こうして歩くと風景は変わったよなぁ。
変わらないのは石原裕次郎や萬屋錦之助などのお歴々が常連だったという謎の会員制バー「ビー玉」と中国福建省高級スープの「かおたんらーめん」、良く長寿庵でもお見かけする格闘界の顔役、真樹日佐夫先生の道場、そしてこの通り名の由来である米軍施設「星条旗新聞」こと”Stars & Stripes”(実は新聞社はカバーで某諜報機関の日本支局との噂が、、)くらいだろうか。
なんかこうして書いているのが怖いくらいのスゴく濃いメンツ。それくらいでないとこの界隈では生き残れないのだろうね。
f:id:sukemaro:20091209230544j:image:W400
とそんな星条旗通りを歩いて向かうは「タフィア」です。
シロちゃんとJ.Mとシクラメン。この日は飲み過ぎました。
良い酒と楽しい仲間がいると、つい時間と許容量を忘れてフラフラと飲み歩いてしまうのも私の若かりし頃から変わらない習性であります。


東京いい店やれる店

東京いい店やれる店


真樹日佐夫の百花繚乱交遊録

真樹日佐夫の百花繚乱交遊録