ヌキテパ(五反田)

10数年ぶりに「ヌキテパ」へ。

10数年前、私は「料理の鉄人」にハマりにハマって、鉄人はもちろん、いい闘いをした挑戦者の店にミーハー丸出しで行きまくってました。
この店の田辺シェフと”和の鉄人”道場六三郎の「鯛対決」は鉄人史上でも屈指の名勝負。

結果的には鉄人が勝利したわけですが、田辺シェフが作った、鯛の内蔵のスモークや、アラを裏ごししたスープなど、斬新かつ素材を一切無駄にしない姿勢、また元ボクサーというプロフィールやそのいかつい容姿に強烈なインパクトを感じました。直ちに大いに期待しながらこの店を訪れ、その期待以上の感動と幸福感を得て大満足して帰ってきたのを覚えています。

さて、あれから10数年。私はその後も無節操に飲み食い歩きを続けてきたので、少しは味覚の経験値も上がったでしょう。また、店には旬があり、10数年前には人気のあった名店でも、当時の勢いや輝きを失っている店も少なくありません。
そんな中、あのヌキテパは今どうなんだ?と、期待と不安交じりにやってきました。

いやぁそんな心配は無用でした。この店さらにさらにすばらしい店になっていました。
店内の雰囲気、サービス、そして料理、全てにおいて以前よりも幸福度が高かった。
この鮑とトリュフ、カラスミタンポポのサラダや

鉄人メニュー、磯魚の裏ごしスープなど。良いものは色褪せないねぇ。

無駄なものを極力排除して最高の素材を最大に引き出す引き算の料理。
すごいセンスを感じます。

今ではスペシャリテになっているスイカメニューや土の料理は、以前来た時はまだ無かったんだよね。

グラッパやマールもいただき至福の極み。
曜日限定で同店内でワインバーも始めたそうで。
田辺シェフの料理をつまんでワインを楽しんで、隣のフランクリン・アヴェニューに流れるとか。かなり楽しそう。