野毛巡り

海と酒をこよなく愛するnamikaze氏と横浜野毛を飲み歩き。

まずは「福田フライ」で鯨フライや串カツを肴に生ビールをグビグビと。
とってもいい感じです。

namikaze氏も撮ってます。お決まりの光景であります。

大岡川沿いに佇むなんとも風情のある都橋商店街を歩きつつ

内蔵を使った台湾料理で有名な「第一亭」で豚頭や豚足を肴に紹興酒を。

namikaze氏はここでももちろん撮ってます。

しかしこれ「御注意下さい」って言われてもなぁ、、、確かに火柱上がってたけど。

第一亭名物の「パタン」。裏メニューだけど客のほとんどが注文している。
冷水でしめた麺に大量の刻んだニンニクとごま油と酢と醤油で味付けしたもの。
シンプル・イズ・ベストの美味しさ。これはクセになります。

かなり調子が出てきました。老舗「若竹」で焼き鳥を。

このカウンターでかつて一世を風靡した某グループ・サウンズの元ギタリストという方とご相席しましたが、良く存じ上げなかったためあまり上手く反応できませんでした。
後で調べたらその世界ではもはや伝説となられているとてもご高名なお方。
野毛を飲み歩くには、昭和の横浜に関わる風俗文化の知識を最低限踏まえておく必要があるね。

かなりいい感じになって一見して怪しい光を放つBAR「夜光虫」へフラフラと。
内装から一瞬キワモノ店かなぁと思ったけど、出てきたショットグラスがとても高級なものだったので、これはタダモノではないと直感。

ここはジェームズ・スケベノビッチ・サトウ氏が営む”IT(いたれりつくせり)バー”。
奥には完全防音、ボディソニック、高感度カメラ装備の自作ハイテクカラオケもあり、私も1曲。
とても刺激的な野毛飲み歩きでありました。
まだまだ行きたい店がたくさんあるのでまた近々徘徊したいと思います。

第一亭

食べログ第一亭

焼き鳥 若竹

食べログ焼き鳥 若竹

夜光虫

食べログ夜光虫