鮨水谷(銀座)

言わずと知れた江戸前鮨の最高峰の一角「鮨水谷」。

思わず見入ってしまうほど端整な握り。
鯛昆布締め、コハダ、墨烏賊で始まり、赤身、中トロ、大トロでググッとひとつ目の盛り上がりを。
トリ貝、赤貝やミル貝、小柱といった秀逸な貝類からサヨリ、アジ、車海老といったところを織り交ぜ、グイグイと悦に引き込まれて、蒸し鮑、ウニ、穴子で怒涛のクライマックス。
シメの玉とかんぴょう巻、玉はこれまでの概念変わります、間違いなく生涯ベスト。
全体通して何も足せないし何も引けない”洗練の極み”を感じました。
凛として引き締まった店内ですが、親方が終始優しい眼差しを常連、一見問わず全ての客に向けているので、和やかな雰囲気に包まれてます。
隣に座った御年90歳になる車椅子のおばあちゃん、手も不自由らしくお孫さんに食べさせてもらっていたけど、全ての握りをペロっと平らげていかれた。
奈可久、久兵衛、くわ野といった名店を見下ろすビルの9階。
ここは銀座の空の上にある天国ですよ。


お探しの店舗のページはありませんでした