トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド(六本木)

”ボナセーラ系”なる言葉をご存知でしょうか。
店に入るやいなや「ボナセーラ!!」と店員が明るく挨拶するイタリア料理店の系統のことであります。
これらはみな同系列で、古くは「イル・ボッカローネ」や「ラ・ビスボッチャ」、最近の人気店は目黒の「ランテルナ・マジカ」(ここでは、ボナセーラ!とは言わなかったと思うけど)など。
松潤が主演していた某局のイタリア料理店を舞台にしたドラマは多分この系列店がモデルになっています。
サービスは明るくて気持ち良いし、店内の雰囲気も良い、料理もワインもCP高で、決してハズレ無い、大人数でワイワイ行くにはとても満足度の高い店です。

最近できた同系列店「トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド」。
この系列だとは知らず、独りでフラッと昼メシに入ってしまいました。
店内はほとんどが女性グループ客です。
あちこちからチェックの視線が刺さります。

前菜はブッフェ形式で好きなだけ。
これはやはり複数で来てたくさん種類取ってチョコチョコつまみながらスプマンテなんかやりたいなぁ。

シラスとウイキョウタリオリーニ
6種類から選べるパスタはパスタそのものを見せて説明してくれます。
ドレッシングをテーブルで作ってくれたり、ドルチェのワゴンサービスや、メイン食材の魚を持ってきて見せてくれたりするプレゼンテーションはこの系列ならではの盛り上げ方。
オープンキッチンにテラスと開放的で、食後エスプレッソを飲みながら店内を眺めてると特にこの時期はとても快楽度数高いです。
”六本木 and イタリアン and 大人数 ”という条件ならここでまず間違いはないかなぁと。
”二人”ということだと個人的には星条旗通りのテラウチとか新美術館近くのオステリア・ナカムラということになりますが。

イル・フィーゴ・インゴルド

食べログ イル・フィーゴ・インゴルド