シンスケ(湯島)

この店の女将さんから「私の娘達」とまで言われる常連殿にお誘いいただき、「シンスケ」。
長くあこがれていた酒場です。

初鰹、小肌の刺し盛り、新筍の炊合せ、生麩の田楽、ラクレットチーズを挟んで焼いたキツネに、両関の純米。
「東のシンスケ、西の金田」とは、東京の酒飲みに古くから言われている言葉ではありますが、私の軍配はサッと東に上がります。
諸説ある店名の由来を女将さんから直接伺うこともでき、私の飲み歩き人生の中でも思い出深き夜となりました。
こういう良い酒場で飲むと、ガラではありませんが一句詠みたくなります。
「品書きに、初夏の景色や、古酒場」
お粗末、、

シンスケ

食べログ シンスケ