G1 CRIMAXとのんべい横丁

お誘いいただき「G1 CLIMAX」観戦に代々木体育館へ。
f:id:sukemaro:20110811203541j:image:w450
「いや〜うらやましいっす、やっぱ夏はG1っすよね」
と、平成以降のプロレスファンにとっては、”夏はG1”が常識らしいのですが、私のような昭和のプロレスファンにとっては「サマーファイトシリーズ」や「ブラディファイトシリーズ」の方がしっくりきます。
あの頃は、季節柄、屋外の田園コロシアムで興業があったりして、ハンセンvsアンドレの名勝負とか、燃えたなぁ。
f:id:sukemaro:20110811215040j:image:w450
「プロレスの後はやっぱビール&焼き肉でしょ」という暑苦しい輩をスルーして、渋谷のんべい横丁で冷酒を。
まぁ私もかつてはそんなノリだったので、気持ちは分からんでもないのですが。
しかし、ワンパターンのラリアートとトップロープからの攻撃に、無意味な雄叫びで場をつなぐ、思考停止なスタイルには、正直何の魅力も感じません。
もっと緊張感のある、いかがわしくも創造性に溢れる、ド迫力のファイトを魅せてほしいです。
もうそういう時代では無いのかもしれませんが。
それでもプロレスを愛し続けるしつこいフリークは、まだまだいるんですから。