喜邑(二子玉川)

これまで、某フランス系グルメガイドブックは、少なくとも日本版に関しては大抵的違いのコンコンチキで、よっぽど某局のキタナシュランの方がリサーチ力があると思っていました。
ところが、この店にいきなり2つ星をつけるとは、おみそれしました、恐れいりました。
f:id:sukemaro:20130120173437j:plain

初めて来た時は確かこのネタ箱前、久しぶりに座ったかも。
もうワクワク通り越してゾクゾクしてきます。

f:id:sukemaro:20130120175220j:plain

青柳と小柱のヌタ、筋子粕漬け、あん肝ムース、白子摺り流し、そして、子持ち槍烏賊と煮牡蠣を肴に一杯。河豚椀でほっこりして握りへ。

f:id:sukemaro:20130120181936j:plain

白烏賊から始まり、鯛、九絵など白身へ。
今宵のフェイバリット握りは、その中で出てきたアラ。
熟成白身の旨味が際立ってます。
海松貝、カワハギも美味しかった。